使える工具

HOME プロフィール 作業風景 面白い物

ステンコロリン

ステンコロリンというネーミングがいいでしょう。
ステンコロリンは工具屋さんに教えてもらいました。
ホールソーの刃のもちが悪いことを工具屋さんに伝えると
これを使ってみてと渡されたのがステンコロリンでした。
面白いネーミングの商品だなとしか思っていませんでした。
使ってみるとスプレー缶に書いてあるようにステンが豆腐とまではいきませんが
ステンがやわらかくなったように感じるくらい違いがありました。
ホールソーで穴をあけるのが楽しくなるくらいよく切れます。

ステンコロリン 赤 緑 の特徴

ステンコロリンには赤と緑があります。
それぞれには特徴がありますが、
簡単に説明すると塩素が入っているかいないかの差の様です。
ステンコロリン赤には塩素が含まれています。
使った感じ赤の方がよく切れるのですが、切削するときにでる煙で
周りにあるものが錆びてしまいますので、使用には注意が必要です。
錆びが気になるところでは、ステンコロリン緑を使用することをおすすめします。
錆びは気にならないところであればステンコロリン赤がいいです。
今では、切削油は全てステンコロリンを使用しています。
スプレータイプが使い勝手がよく気に入っています。

ステンコロリンの使い方

ステンコロリンはステンレスだけでなく、あらゆる金属を加工するとき使用できます。
アルミなどのを削るときにもささくれが起きにくくなります。
刃物のもちも飛躍的にとまではいきませんがよくなります。
刃物のもちがよくなるとコストも下がります。
使用方法にもよると思うのですが、アトラでホールソーを使った経験では
ステンコロリンの赤を使うと1.5倍くらい刃物がもつようになりました。
ステンコロリンを使うと切れるスピードも速いので、作業も楽に進められます。
ステンコロリンはあらゆる金属加工の現場で活躍します。

ステンコロリン赤330ml


感想(2件)

ステンコロリン緑420ml

スパナ・レンチ
ドライバー
ペンチ・ニッパ
電動工具
切削工具
研削用品
配管用品
ケミカル用品
Copyright(C) hi358 all right reserved.